ホルモン剤はバストアップに本当に有効?しかも副作用の心配も!

バストアップ効果のある女性ホルモン剤というものをご存知でしょうか。
胸が小さくて悩んでいる人なら試してみたくなるかもしれません。

 

バストは、乳腺と脂肪からできています。
乳腺は母乳を分泌させるための器官で、胸の形を作っています。
脂肪はその乳腺を守るためのものです。

 

ですから、乳腺が発達すれば胸が大きくなるのです。
乳腺を発達させるためには女性ホルモンの分泌を盛んにさせればいいのです。

 

ニューハーフの人が女性らしい体型になるために女性ホルモンの注射を打ったり経口薬を服用したりしているのは、このためです。
ですから、バストアップのためにホルモン剤を飲むというのは、まったく間違った方法とは言い切れないかもしれません。

 

しかし、ホルモン剤を飲むとホルモンバランスが崩れて、生理不順になったり、子宮筋腫が大きくなったりするといった副作用が現れる場合もあります。

 

特にインターネットで外国からの個人輸入などで売られているホルモン剤は、日本では薬事法に引っかかるほどきつい成分が入っているものもありますから、安易に手を出さないようにしましょう。

 

ホルモン剤は医師の監視のもと使用するようにしましょう。

 

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>