プエラリアを男性が飲んだ場合の効果と副作用とは

プエラリアには、女性ホルモンと似た働きをすると言われている成分が2種類、含まれています。
どちらもそれなりに作用が期待できるのですが、中でもミロエステロールと呼ばれる種類は、女性ホルモンのエストロゲンに強力に働きかける作用があると言われています。

 

エストロゲンは、女性の美、健康、精神の安定、更に女性らしい体作りに大きな役割を持っている女性ホルモンです。
そのため、こうしたことに対しての悩みやトラブルなどを改善したいと言う際には、これが使われたサプリ等を利用することが良いとされています。

 

そんなプエラリアを男性が飲んだ場合の効果に関してです。
これに関しては、女性と同じような効果を、同程度、望むのは難しいとされています。

 

男性の体の中にも、微量ながら女性ホルモンが分泌されています。
よってプエラリアを摂取することで、それに働きかけがなされ、たとえばバストアップが実現されたり、女性らしい丸みを帯びた体つきになると言うことも期待できないわけではありません。

 

心と体の性が一致していない性同一性障害、その治療の一環としてホルモン療法が行われているのは、本来のホルモンバランスを崩すことで、もう一方の性ホルモンの影響を大きくするためです。
実際に、体毛が薄くなったとか、体つきが中性的になったと言うような声もあるようです。

 

ただそれ以上に、男性ホルモンの作用が強力であるため、プエラリアを飲んだからと言って、そう簡単にこのような効果が期待できるわけではないと言うのが現実です。

 

その人の体質、体の作りと言った違いも大きく関係してきます。

 

次に副作用に関してです。
体内の性ホルモンのバランスは、その人の健康や精神状態を正しく保つのに大きな影響力を持っています。

 

そのため男性がプエラリアを飲み、本来のホルモンバランスが崩れてしまうと、様々な影響が出てくる可能性が大きくなってしまいます。男性ホルモンの分泌に影響が及ぶと、たとえば性機能の低下や精力そのものの減退などが代表的な副作用としては挙げられます。

 

また活力、体力、筋力にも大きな作用を持っているので、それらが著しく低下して、体力、筋力低下に伴う強い疲労感や気力の低下、精神不安定などの症状が出てくることも考えられます。

 

また女性ホルモンへの働きかけが促進されると、乳腺の発達も活発になります。
その結果、女性であれば慣れている、疼くような痛みを胸に感じることもあります。

 

効果がないとは言い切れませんが、そこには個人差があること、そして副作用の可能性がゼロではないと言うことを頭に入れておく必要があります。