プエラリアの摂取量とは!過剰摂取で起こる副作用や危険性とは

プエラリアはミロエステロールと呼ばれる強力なホルモンを含んでおり、本来は医師の処方なしでは服用できないくらいのレベルの薬として取り扱いを受けるべき成分です。

 

一般的に女性ホルモンをアップさせるサプリとして市販されており、摂取量についても細かな規定がなされているわけではないので、人によっては過剰摂取してしまう危険性もあります。
ファイトエストロゲンと呼ばれる植物由来のホルモンなので、危険性が少なくナチュラルなイメージがあるのも問題です。

 

納豆や大豆食品に含まれているイソフラボンが含まれていて骨粗鬆症や更年期障害などにも効果をもたらしてくれるというのも確かですが、より体に優しいイメージがつきやすいうえ、もともとプエラリアにはバストアップの効果がで期待できるほどの強いパワーを持っている成分なので、ついつい飲みすぎてしまう可能性が高いからです。

 

ホルモンを摂取することで体内の自律神経に作用し、体調不良を引き起こすことがあっても因果関係に思い至らないので、体調不良をや病気の初期症状を見逃してしまいかねないという危険もはらんでいます。

 

プエラリアはイソフラボンの数十倍の成分が含まれていることがほとんどですので、普段の食事に和食を取り入れている人ならそれほど不足になることのない大豆製品を10倍以上摂取するということに不自然さを感じるのが当然です。

 

食物由来なので危険性がないという主張と体内に影響を及ぼすほど強いホルモンの作用はないというのがメーカーの主張ですが、日本のイソフラボンの1日の摂取量が豆腐半丁で済むことを考えればやはり不自然なほど多い量と言わざるを得ません。

 

プエラリアは海外での生産が多く、大豆製品をそれほど食事に取り入れていない国々で利用されているので、イソフラボンが大量の摂取量になっていてもトータルでバランスが取れるようになっていますが、日本で和食を食べないでいる人は少ないと思いますので、その点でも摂取量を少なめにしておくことが必要です。

 

バストアップの効果が高いというのは確かですし、サプリメントとしては高額ですのでそれなりの効果を期待している人にとっては有効で素晴らしいサプリといえます。

 

しかしプエラリアはバストアップする際に細胞分裂を引き起こすことになりますから、もともとの細胞が傷ついてしまっているものであればがんを引き起こす可能性がありますし、女性ホルモンのバランスを崩してしまうことで乳がんの危険性が高くなるということが懸念されているのです。

 

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>