胸を大きくする4つの方法で1週間集中バストアップ!

胸を大きくする4つの方法です。
リンパとバスアップマッサージ、エクササイズと女性ホルモンの恩恵ゲットでバストパップを目指しましょう。

 

まずはバストアップマッサージです。お風呂からでたりシャワーの後、暖かい部屋で行います。一通りスキンケアが終わったら、再び化粧水を手に取ります。
化粧水でなくてもボディクリームでも大丈夫です。できるだけすべりのよいものを選びましょう。

 

まずはリンパマッサージです。
耳の付け根から鎖骨に向かって左右共にソフトに4本指でなでおろします。
次は肩から鎖骨にそって内側へ向かって鎖骨を中指と薬指で挟むようにして左右共にソフトに10回撫で入れます。
最後に鎖骨の内側からわきの下にそって同じく左右10回ずつ流し込むイメージでソフトに撫でます。

 

次はバストアップマッサージです。
同じくボディクリームや化粧水をたっぷりつけ、背中から、お腹の方からバストの中心にむかって脂肪を移動させるイメージでバストを持ち上げます。
強くせず、気持ちの良い程度で構いません。
これも左右同じ数だけ行います。

 

終了したらブラジャーを付けて、形を整えます。
ブラジャーはきちんとサイズにあったものをつけることでカップ数が上がる事があります。
何年か前に購入したり計測したりしたものを付け続けるのは避け、きちんとプロの下着屋さんにはかってもらうのが良いでしょう。

 

年齢とともに、体重の上下とともにバストも変化します。
それによってバストアップに繋がります。乳房は90パーセントの脂肪と10パーセントの乳腺でできています。
その下に胸筋があります。
この胸筋を鍛えることでバストもアップします。
簡単なエクササイズを2つご紹介します。

 

まずは腕立て伏せです。
これはひざをついて行います。
腕を鍛えるのではなく胸筋に意識を集中して行います。
できない方は壁に向かって斜めになって腕立て伏せをしても良いでしょう。

 

もう一つは胸の前で両手のひらを合わせ、両側からぎゅっと押し合います。
押して、緩めてを繰り返します。腕立て伏せも同様ですが、呼吸を止めずに行いましょう。

 

最後は女性ホルモンの恩恵を受けましょう。
午後10時から午前2時までをゴールデンタイムと呼びます。
1日中分泌している成長ホルモンが最も多く分泌され、活発に働く時間帯だからです。この成長ホルモンの中に含まれるのが女性ホルモンです。この働きより成長期の乳腺の成長に役立ち、女性らしい丸みのある体を生成するのを助けてくれます。

 

この恩恵にあやかるにはこの時間帯に深い睡眠状態いることが良いので、ぜひ、この時間帯に1時間でも多く睡眠を摂りましょう。

 

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>