ベルタプエラリアで副作用を回避する方法と安全な飲み方とは

ベルタプエラリアは、継続的に服用することで女性らしさを手に入れることを目的とした健康食品です。

 

安全で高品質とうたわれていますが、服用方法などが不適切であれば副作用も出てしまいます。
そこで今回、その副作用を回避する方法と安全な飲み方についてご紹介させていただきます。

 

起こる可能性のある副作用としては
生理不順・不正出血・頭痛・吐き気・吹き出物・肌荒れ・胃もたれ・胃の不快感などがあげられています。
これらを起こさないために、服用を開始する前にきちんと知識をつけておくことが大切なのです。

 

では、具体的に服用方法をどうすればいいのか詳しくお話しさせていただきます。

 

それは摂取量の厳守・服用の時期を守るということが重要となります。
副作用の原因はほとんどこれらの間違いです。

 

そもそも、ベルタプエラリアは女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を活性化することで女性らしくなることを促しています。つまり、生理周期とその時に分泌されるホルモンを理解し、そのバランスを良好にコントロールすることでベルタプエラリアの適切な使用方法を言えるでしょう。
生理周期とホルモンを絡めながら具体的にご説明していきます。

 

卵胞期:生理が終わってから排卵日まで
 この時期は、エストロゲンの分泌が活発になっています。
 →服用することでバストアップ効果を高めることができます。

 

黄体期:排卵日後(生理開始前の約1週間)から生理中
 この時期はエストロゲンが減少し、プロゲステロンの分泌が活発になっています。
 ※プロゲステロンは、肌荒れ(吹き出物)・倦怠感・頭痛・腰痛・便秘などの原因となっています。
 →よってこの時期に過剰摂取するとホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

ここからわかるように重要なのはホルモンのバランスです。
くどいようですが、このバランスを良好にコントロールすることで適切な効果を感じることができます。
もちろん不適切な時期に、不適切な量を摂取すれば副作用につながります。

 

これらを理解したうえでベルタプエラリアの安全な飲み方のまとめをしたいと思います。
卵胞期には一日3粒
黄体期には一日1粒
原則、生理中は摂取を控える
これを徹底することでホルモンバランスが整い、あなたの女性らしさを最大限に引き出してくれるでしょう。
※すべての人に当てはまるわけではありません。

 

他にも注意することをまとめておきました。
・年齢(20歳未満)
・体調不良やピル(性ホルモンに関係する薬)
・妊娠・授乳中
→健康食品ではありますが、上記などで病院にかかっていたり服薬をしている場合は、医師や薬剤師に相談するのがよいでしょう。

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>