バストアップのツボの押し方とは!本当に効果がある6個のツボを解説

女性の悩みの一つに胸の大きさがあります。
確実にバストアップしたいという場合には、美容クリニックに行き豊胸手術を受けることが一番早い胸を大きくする方法です。

 

しかし、お金がなかったり手術が怖いという場合には自力でバストアップすることが必要となります。
そんな時には、規則正しい生活を行ってホルモンバランスを整えるようにする、胸を大きくする成分を積極的に取る食事をしたり、サプリメントを利用する、正しいサイズの下着を正しく身につける、胸の土台となる大胸筋を鍛えることなどが有効とされています。

 

それに加えて血流を良くしたり、ホルモンバランスを整えるツボを押すマッサージが効果的です。
バストアップに効果的なツボはいくつかあります。

 

まず、代表的なのが左右の乳首を結んだ中心、胸骨の真ん中を走る骨の部分にある「壇中」は、女性ホルモンの分泌を促します。
押し方としては、壇中に指を当てたらゆっくりとだんだん強めに3秒押し、力を抜きながら指を離す、というのを5回程度繰り返します。

 

次に効果的なのが、へそから指幅4本上、へそとみぞおちの真ん中にある「中脘」です。
代謝を上げる効果があります。
押し方は、指先を押し当てて上下に小さく揺らしてマッサージしていきます。腹部をリラックスさせることでより高い効果を期待することができます。

 

「渕腋」は脇の下にあるツボです。
押すことで痛みがありますが、血行を促進させる効果がるため胸に栄養を行き渡らせやすくなります。
片手の人差し指と中指、薬指の3本で、肋骨の間に沿って押しながらゆっくり前に向かって摩るように押していきます。

 

「乳根」は、乳頭から真下に指二本程度、第5肋骨の間にあります。女性ホルモンの分泌やリンパの流れをよくします。
押し方は指で3秒押して、ゆっくり離すというのを繰り返します。バストの下から押すようにしていきます。

 

「中府」は鎖骨と肩の間にあるくぼみから指幅1本したにあります。大胸筋のリンパの流れを良くするだけではなく、肩こりなどにも効果的です。
親指以外の4本の指の腹で左右5〜7回程度揉むようにしていきます。

 

「膺窓」は乳首と鎖骨の間で乳頭線上に位置します。刺激することによって血行促進や代謝改善、女性ホルモンの分泌の活性化などが行えます。
人差し指と中指を揃えて3秒程度ゆっくり押して、ゆっくり離すというマッサージを行います。

 

様々なツボがありますが、毎日続けることによって効果が発揮されます。

 

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>