女性ホルモンを食べ物で増やすための正しい知識とは

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れることで、PMSや更年期障害などのように体調が悪くなってしまうことが知られています。
ですから、女性ホルモンを増やすことはPMSや更年期障害などの病気を予防するためには欠かせません。
またそうすることで、バストアップや髪の毛や肌の艶を出すといった美容の面でも、良い影響が期待できます。

 

問題はどうすれば女性ホルモンを増やせるかということですが、食べ物を見直すことは一つの方法です。

 

 

女性ホルモンの分泌を促進する食べ物とは

体をつくるために使われる材料は食べ物で補給し、場合によっては酵素などの力で合成して別の物質に変換したりしています。
女性ホルモンもまた、材料となるものを食べ物で補給して分泌されているのですから、その材料となるものや分泌を促進するものを積極的に摂取すればよいのです。

 

では、材料となるものは何かというと、コレステロールです。

 

一般的にコレステロールというと、動脈硬化など病気の原因として悪者扱いされていますが、善玉でも悪玉でも体を動かすためには必要不可欠な存在です。
また女性ホルモンを作る材料ですから、不足すればホルモンバランスが崩れるので気を付けなければいけません。

 

コレステロールを多く含む食べ物としては肉やバターなどの乳製品類があります。
しかし、肉やバターなどの乳製品類は摂取しすぎると逆にコレステロールや中性脂肪が増えすぎてしまいます。
そこで、健康のことを考えれば相応しいのは卵がおすすめです。

 

卵の食べ方として、卵かけご飯のように生で食べることを好む人が多いですが、女性の場合には加熱したほうが良いです。
なぜならば、卵にはビオチンという成分が含まれていて、髪の毛や肌、爪などをつくるケラチンをサポートする効果があるからです。
ビオチンは加熱することで体に吸収されやすくなるので、美容目的でホルモンバランスを整えたいという方にとっては利用したほうが良い働きです。

 

大量に食べる必要はなく、1日あたり1個を目安にしておきましょう。
そうすれば栄養もカロリーもちょうどよい分量になります。

 

その他にも、脳や卵巣に働きかけてホルモンの分泌を促す栄養分としてビタミンEがあります。
ビタミンEを多く含む食べ物としては、ピーナツ、モロヘイヤ、かぼちゃ、大根葉、パセリなどがあります。

 

毎日同じ献立だと飽きるかもしれませんから、かぼちゃの煮つけや、大根葉の炒め物などのおかずを上手くローテーションさせていったり、付け合せにパセリを必ず用意しておくと言った工夫をしてみましょう。

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>