女性ホルモンをツボ押しで増やす6つの方法とは!

女性ホルモンの分泌を改善することで、様々なアンチエイジング効果を期待することができます。

 

女性ホルモンを増やすツボ「百会」

まず、頭のてっぺんにある体中の気が一番あつまってくるツボの「百会」は、両耳から頭に向かって辿り、結びついたところにあります。押すことによって、血流をよくし、肌荒れやくすみを改善することができます。
リラックス効果もあり、普段から疲労が良くたまる方や、終始緊張している職場で働いている女性にお勧めです。
さらに、押しながらバストケアとして、バストマッサージなどをすることによって、刺激が乳腺に伝わって、さらに女性ホルモンをアップさせるための刺激となります。

女性ホルモンを増やすツボ「だん中」

バストアップに効果的かつ女性ホルモンの分泌を促すツボ「だん中」は、胸の真ん中、乳頭と乳頭を線でつないで、ちょうど真ん中の位置、谷間の部分あたりにあります。

 

 

女性ホルモンを増やすツボ「中院」

他に、バストアップのツボとして、おへそとみぞおちの中間に位置している「中院」は、胸のボリュームやはりを出すことができます。

 

女性ホルモンを増やすツボ「渕腋」

「渕腋」というツボは、両乳首からそれぞれ10センチほど外側の両脇の下に位置しており、押すとかすかに痛みを感じるという特徴があります。

 

女性ホルモンを増やすツボ「三陰交」

女性ホルモンアップや、健康維持増進、ストレスや貧血、疲れ、生理痛、生理不順、更年期障害など、女性の悩みを改善することができるツボとして、足の内側のくるぶしから、指4本分上の場所にあり、押してみるといた気持ちいという特徴があります。
名前は「三陰交」と言い、大切な3つの流れが交わる場所という意味です。

 

女性ホルモンを増やすツボ「安眠」

女性ホルモンのアップに欠かせないものとして睡眠も挙げられます。
寝つきが良くなるツボ「安眠」は耳の後ろ斜め下にあり、耳の後ろの下に向かって尖っている骨から下におよそ指の幅一本分の部分にあり、不眠の方ほどこの部分が硬くこっていることが多くなっております。

 

これらのツボを押すことで血行を良くしてバストの成長に必要な栄養をスムーズに行きわたらせることができます。
気のめぐりをよくして、呼吸を整えるといった効果もあります。
肌を美しくするアンチエイジングにもつながりますので、ストレスや精神的な疲れなどにも有効的です。

 

女性ホルモンを増やすツボの押し方とは

押し方として、指を当て、じっくりと3から5秒押します。
それを3回から5回続けます。

 

押す際に気を付けなければいけないこととして、まずは、リラックスした状態で行うことが大切です。
ゆっくりと深い呼吸をしながら行うことが大切です。

 

また、痛気持ち良いくらいの力で押すことがベストとなります。
押しすぎたからといって効果がかわるわけではないので、押しすぎても痛いだけなので適度に押すことが大切です。

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>