バストアップクリームの塗り方と頻度は?効果をアップする塗り方とは

「綺麗な胸が欲しい」というのは、女性の皆さんであれば誰もが一度は思うことですよね。
そんな女性にとってバストアップクリームで美胸が作れるというのは夢のような話です。

 

クリームを使うだけで胸にハリや弾力が与えられるなんて非常にカンタンはようにも思えますが、この使い方を誤ってしまうと胸の細胞を傷つけたり肌にダメージを与えてしまったりと、かえって垂れ・萎みの原因になる可能性もあります。

 

皆さんの大切な胸がそうならないために、今回は上手く効果を引き出せるバストアップクリームの使用方法をご紹介します。

 

マッサージと組み合わせて塗り込む

まず胸は、クーパー靭帯という胸と支えている靭帯、乳腺、筋肉、細胞などから構成されています。
クリームは皮膚の表面からこれらの組織を通して乳腺に浸透をさせていくものです。

 

クリームを塗る際には、乳腺を優しく刺激して女性ホルモンの分泌を促すことでより効果を増します。
また胸だけでなく脇の下やデコルテもマッサージしていきましょう。
脇の下やデコルテを通るリンパ菅を刺激したり、筋肉をほぐしたりすることで胸とその周辺に溜まった老廃物を流していき、成分がスムーズに乳腺へと浸透していきます。

 

ポイントは2つ。
①手で優しく胸を包んだら、下から上へと持ち上げていきます。
②次は熊手をイメージして、背中の外側から内側へ。背中へ逃げたお肉を戻し、谷間を作りましょう。
これらと逆の流れで行ってしまうと、垂れ・萎みの原因になるので注意が必要です。
また強くしすぎるとかえって脂肪が燃焼されてしまうため、優しく痛みがない程度の力加減で塗り込んでいきます。

 

使用頻度と使用量、タイミングを正しく守る

前述でバストアップクリームの塗り方についてご紹介をしましたが、塗るタイミングも非常に大切です。
これは商品によって変わってきますので、説明書をよく読んでください。

 

ここで大切なことは、沢山の回数や量を塗ったからより効果が出る、というわけではないということです。
ただし肌の乾燥を感じる場合は、摩擦を避けるため少々多めに使用されても良いでしょう。

 

そして使用するタイミングについてです。
基本的にいつ塗っても構いませんが、女性の体をよく理解し、最も効果的に使用するには、入浴後且つ就寝前がおすすめです。
お風呂に入ることで血行が良くなり毛穴も開くので、よりクリームが浸透しやすくなります。
またお好きな香りのクリームを使用することでリラックスした状態で就寝するので、女性ホルモンの分泌量も増えていきます。

 

大切なことは優しくリラックスした状態で胸を育ててあげることです。
理想のバストを手に入れて、女性として更に輝いていきましょう。

 

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>