バストアップと年齢について

女性にとって何歳になってもバストアップしたいと感じている女性はたくさんいます。
では、バストアップは何歳までバストアップが可能か知っていますか?
実は、閉経を迎えていなければバストアップする事は可能なんです。

 

バストは女性ホルモンの分泌量が関わっているため、何歳であっても女性ホルモンの分泌量を活発にすることができればバストアップ出来るんです。

 

よって、マッサージをしたり、大胸筋を鍛えたり、食生活、生活習慣の改善、サプリメント、バストアップクリームなど、女性ホルモンの分泌量を促して上げる事で、ハリのある理想的なバストを作ることができます。

 

ただし、バストアップケアは継続刷ることで効果がでます。
短期的な手法はなく毎日続けることが大切な事を覚えておいて下さい。

 

バストアップケアに悪影響を及ぼすNG行為とは

たばこを吸うこと

タバコに含まれるニコチンが、女性ホルモンの分泌を妨げる原因となります。
さらに、タバコを吸い続けることで血行不良となり、新陳代謝も悪くなります。
血液を収縮させてしまうので、バストへ栄養が行き渡らなくなり、マッサージやエクササイズの効果が低くなりバストアップを妨げる原因となります。

 

睡眠不足

1日で女性ホルモンの分泌量が増えるは睡眠中です。
しかし、睡眠不足が続くと女性ホルモンの分泌を低下させてしまい女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。
さらに、睡眠不足が続くと太りやすなり内蔵脂肪がつきやすくなります。
1日7時間を目安に睡眠を取るようにしましょう。

 

カフェインの摂り過ぎ

カフェインは脂肪燃焼効果があります。
脂肪燃焼と言われるとダイエットというイメージが先行すると思います。
しかし、バストアップには天敵なんです。
理由は、バストの90%は脂肪でできているからです。

 

脂肪燃焼効果について、1日に3杯以上コーヒーを飲んだ女性と、それ以下の女性を比べた結果、3杯以上飲んでいる女性の方が17%もバストサイズが小さくなったと実証されています。

 

カフェインは、1日60mg~120mg、コーヒー1日1~2杯程度を目安に飲むようにすると良いでしょう。

 

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>