バストアップと遺伝の関係について

遺伝が原因でバストアップできないのは間違いです。
近年では遺伝ではなく生活環境、食生活、ストレスなどの影響の方が大きいと言われています。

 

遺伝が大きく関係するなら、親と子でバストサイズの差が大きく変わる事がありえません。
遺伝とバストアップについての正しい関係性知りバストアップを成功させましょう!

 

バストは遺伝だけでは大きさが決まらない理由とは

バストの組織構成は主に、乳腺・粗脂肪組織・筋組織から構成されています。
バストの90%は脂肪、10%は乳腺で構成されてます。

 

バストの大きさを決めるのは乳腺です。
乳腺を活発にする事で脂肪組織を増やすことでハリや弾力が生まれサイズアップが可能となります。

 

よって、乳腺を活発化させるバストケアを行う事が最もバストアップを成功させる秘訣となります。

 

遺伝を気にするより、生活習慣、食生活、ストレスを改善する事が重要になります。

 

乳腺を大きくする方法とは

乳腺を活発にする方法は、女性ホルモンを活性化させ分泌量を増やすことです。

 

生活習慣の改善

女性ホルモンの分泌量が増えるのは睡眠中です。
よって、不規則な生活や睡眠不足は、女性ホルモンの分泌量を低下させます。
その他にも女性ホルモンの分泌を低下させる事は、タバコを吸う事、カフェインのとりすぎなどがあります。
まずは、規則正しい生活を心がけるだけで女性ホルモンの分泌量は上がります。

 

食生活

バストアップに効果がある栄養分は、イソフラボン、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルです。
上記の栄養分には、女性ホルモンを活性化させる効果や、豊かなバストを作る成分や、筋肉をキープしてくれる成分、美しくツヤのあるバストを作ってくれる成分になります。

 

不足がちな栄養分はサプリメントで補っても構いませんので、上記の栄養分をバランスよく食べることが大切です。

 

注意点として、偏った食事をする事は逆効果になります。
あくまでもバランスのよい食事を心がけましょう。

 

ストレス

仕事、家事、子育てなど、現代はストレス社会です。
ストレスが貯まり過ぎると、女性ホルモンのバランスが崩れて胸を小さくしてしまいます。
お風呂やアロマでリラックス効果を得たり、ストレッチ・ヨガなどの軽い運動でリフレッシュしたり、自分なりにストレスを発散できる方法を見つけて貯めこまないようにしましょう。

 

 

Aカップ貧乳女子が話題のバストアップクリーム「セルノート」を使用した結果…>>